仕事内容

OUR BUSINESS
私たちの仕事

立栄防災は、大阪府守口市を中心に関西一円のビル、マンション、商業施設、福祉施設といった様々な建物の新築工事、改修工事の現場に出向き、スプリンクラーや消火器をはじめとした消防用設備工事を行っています。各種法令に準拠した専門知識とノウハウを活かし、各施設に適した安全で確実な施工に努めております。

スプリンクラー設備工事

スプリンクラー設備は、火災発生時に大量の散水で消火を図ることによる初期消火を主な目的とする設備で、多くの場合火災を感知すると自動的に水を放出して消火する設備です。
火災で莫大な経済的損失を被るおそれのある倉庫・工場や、火災が発生すれば消火が困難な高層建築物や地下街、福祉施設・病院・ホテル・百貨店など、一旦火災が発生すれば多数の人命に関わる事態が懸念される場所で設備の取り付けを行います。

屋内消火栓設備工事

普段はあまり使われることのない消火栓設備ですが、万が一のために、安全で確実なものを備えておかなければなりません。消火器では消火不可能な段階の消火を目的に、建物の内部に及んだ火災を人が操作することによって消火する設備の設置工事を行います。

屋外消火栓設備工事

屋外消火栓設備は、建築物の1階及び2階部分の火災の消火を目的としたもので、中期以降の火災及び外部より放水することにより隣接建物への延焼防止上有効な設備です。建物の周囲に設置します。

泡消火設備工事

駐車場や、危険物の貯蔵・取り扱い・製造を行なう施設など、油流出をともなう火災に発展する恐れがある場所では、泡消火設備が最適です。水と泡消火薬剤を調合した泡消火設備が必要な時に確実に動作するよう適切に施工を行います。

連結送水管工事

連結送水管は、消防車から送水口を通じて送水し、消防隊が放水口にホースを接続すれば消火活動ができるようにした設備です。高層ビルや地下街など、迅速な消防活動を行うための配管設備を設置・施工します。

移動式粉末消火設備工事

移動式粉末消火設備は、一般的な消火器と同じ粉末消火薬剤を使用しており、ほぼ全ての可燃物に対応できます。全域放出方式、局所放出方式、移動式の三種類があり、用途に合わせて選択します。

施工実績

2020年6月~現在 草津市民交流センター
スプリンクラー 1200発
2019年12月~2020年3月 コーナン瀬田店
スプリンクラー 720発
2019年6月~10月 高島屋東館 B1F~B2F
スプリンクラー 680発